2019年(令和元年)10月9日(水)より12月2日(月)の間、回廊展示「家持の海」が高岡市万葉歴史館にて開催されています。

奈良で生まれ育った家持は、越中の海をどう歌に描いたか。澁谿、奈呉、そしてその昔、氷見地方にあった汽水湖「布勢の水海(ふせのみずうみ)」などと共に紹介。

「布勢の水海」ジオラマも展示します。

回廊展示「家持の海」
会期 2019年(令和元年)10月9日(水)~12月2日(月)
会場 高岡市万葉歴史館(高岡市伏木一宮1-11-11)
休館日 毎週火曜日 (10/22は祝日開館、翌10/23は休館)
開館時間 9:00~18:00(入館は、17:15まで)
入館料 (10月より改定) 一般 300円、中学生以下 無料、65歳以上 240円、団体(20名以上) 240円
同時開催 こしのくに国府”文学・絵はがき”作品展 
  高校生万葉短歌バトル 2019年夏、熱き青春の記録展
問合せ先 (公財)高岡市民文化振興事業団 高岡市万葉歴史館 TEL 0766-44-5511