2019年(令和元年)10月9日(水)より、祝・即位礼正殿の儀 特別展示「再現 聖武天皇・光明皇后の礼服」が高岡市万葉歴史館にて開催されています。

古代衣装研究家山口千代子氏によって再現された、天平時代の宮廷儀礼で聖武天皇・光明皇后・左大臣・女王が着用した礼服を中心に、聖武天皇の宸筆(しんぴつ)の伝承を持つ天平経「大聖武」「中聖武」、御即位を記念して秋の正倉院展に出品される「鳥毛立女屏風」などの聖武天皇ゆかりの正倉院宝物について解説。

華麗な奈良時代の宮廷世界と共に、天平万葉の歌世界を紹介します。

祝・即位礼正殿の儀 特別展示「再現 聖武天皇・光明皇后の礼服」
会期 2019年(令和元年)10月9日(水)~
会場 高岡市万葉歴史館(高岡市伏木一宮1-11-11)
休館日 毎週火曜日 (10/22は祝日開館、翌10/23は休館)
開館時間 9:00~18:00(入館は、17:15まで)
入館料 (10月より改定) 一般 300円、中学生以下 無料、65歳以上 240円、団体(20名以上) 240円
同時開催 特別コーナー「令和」と「万葉集」、回廊展示「家持の海」 
問合せ先 (公財)高岡市民文化振興事業団 高岡市万葉歴史館 TEL 0766-44-5511