2019年(令和元年)7月6日(土)・7日(日)に、新元号「令和」記念 第4回 こしのくに国府サミットin高岡が開催されます。

古代こしのくに(北陸道)に属する越前、加賀、能登、越中、越後、佐渡の6か国の国府所在自治体が、国府をテーマとした広域での魅力発信、歴史・文化を通した相互交流を目的に「こしのくに国府サミット」が開催されます。

チラシPDFは こちら

新元号「令和」記念 第4回 こしのくに国府サミットin高岡
日程 2019年(令和元年)7月6日(土)・7日(日) 
【第一日】 7月6日(土) 13:30~17:00
国府サミットパネルディスカッション ‥ 考古学の調査成果や万葉集に描かれた風景、日記・紀行文などから北陸の国府にせまります。
会場 勝興寺 本堂
入場料 無料
テーマ 「こしのくにの国府と万葉集・文学」
司会・進行 坂本信幸氏(万葉集/高岡市万葉歴史館 館長)
パネラー 坂井秀弥氏(考古学/奈良大学文学部文化財学科 教授)
  鈴木景二氏(文献・文学史料/富山大学人文学部人文学科 教授)
その他のイベント ・こしのくに6市長サミット ‥古代国司の衣装で各市のPR
  ・こしのくに国府”文学・絵はがき”優秀作品表彰式
  ・「越中万葉御ぜん」お披露目
  ・こしのくに国府物産市 ‥ サミット参加都市による物産市開催
  ・共同宣言
【第二日】 7月7日(日) 8:30~13:00
こしのくに国府サミットエクスカーション ‥「万葉線」万葉令和号で行く「大伴家持が歩いた越中国府と万葉集の世界」
集合時間 7月7日(日) 8:30
集合場所 高岡駅2階 南北自由通路(万葉ロード) あいの風とやま鉄道改札口前
参加費 500円/1名
定員 50名(事前申込み・先着順)
申し込み先 実行委員会事務局(高岡市 教育委員会 生涯学習・文化財課)まで申し込み下さい。
  TEL 0766-20-1463、FAX 20-1644、E-mail  syoubun@city.takaoka.lg.jp
申込締切 6月28日(金)
スケジュール 越中国府のあった伏木台地や、家持が歌った有磯海の風景地を巡ります。
  1.高岡駅から万葉線「万葉令和号」に記念乗車!
  2.高岡市万葉歴史館「企画展越中国府・国分寺展」と常設展示を解説・見学
  3.県史跡越中国分寺跡を解説・見学
  4.越中国府関連遺跡の発掘調査実施場所を解説・見学
  5.大伴家持が廻った有磯海(雨晴海岸)を見学
主催 こしのくに国府サミットin高岡大会実行委員会
共催 越前市、小松市、七尾市、上越市、佐渡市
後援 近世高岡の文化遺産を愛する会
問合せ先 高岡市 教育委員会 生涯学習・文化財課 TEL 0766-20-1463
【関連イベントの一部】 高岡市万葉歴史館 企画展「越中国府・国分寺展」
会期 2019年(令和元年)6月26日(水)~7月15日(月・祝) ※火曜日休館
開館時間 9:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料 企画展「越中国府・国分寺展」のみ無料、その他館内展示観覧には、入館料が必要(一般 210円)
問合せ先 高岡市万葉歴史館 TEL 0766-44-5511