2月7日(土)から2月19日(火)の間、院生展 富山大学 大学院芸術文化学研究科 修士課程1年 作品展が開催されます。

富山大学 大学院芸術文化学研究科 修士課程1年生の9名の様々な分野の作品が一堂に展示されます。

チラシPDFは こちら

院生展 富山大学 大学院芸術文化学研究科 修士課程1年 作品展
会期 2月7日(木)〜2月19日(火) ※水曜日 定休日
開館時間 11:00〜19:00 ※最終日は、18:00まで
会場 geibun gallery(芸文ギャラリー)
入場料 無料
出品学生 稲場美里(テンペラ画)、尾崎七夕(漆芸)、笠原大貴(地域づくり)、加納萌子(油画)、小池杏奈(漆芸)
  福井美瑳(建築)、堀内 快(金工)、森田哲平(建築)、李 雨沢(漆芸) 合計9名
主催 富山大学大学院芸術文化学研究科
問合せ先 富山大学芸術文化学部 総務課
  TEL 0766-25-9139、FAX 0766-25-9104、E-mail  info@tad.u-toyama.ac.jp
【関連イベント】
・ゲスト講演 2月11日(月・祝) 18:00~ 会場 geibun gallery(芸文ギャラリー) 、参加無料 
  「卒業後の作品制作について考えること」 上田 剛 氏 金工作家/金沢美術工芸大学鋳金専攻 実習助手
GEUIBUN10 富山大学芸術文化学部 大学院芸術文化学研究科 卒業・修了研究制作展
  2月9日(土)~2月24日(日) 休館日 2月12日(火)・18日(月) 会場 高岡市美術館、入場無料