10月13日(土)から11月25日(日)の間、青木紘二 冬季オリンピック報道の世界~1984サラエボから2018平昌まで~が開催されます。

また、多目的ホールでは、コマーシャル分野を飾ってきた作品を紹介する青木紘二クライアントワークPart1写真展も同時開催されます。

日本中を熱狂させたオリンピックの選手の姿や、技術と経験がいかんなく発揮された広告写真の数々をご覧下さい。

なお、本展覧会は、観覧無料となっています。

 

チラシPDFは こちら

青木紘二 冬季オリンピック報道の世界~1984サラエボから2018平昌まで~/青木紘二クライアントワークPart1写真展
会期 10月13日(土)から11月25日(日) ※月曜日休館
開館時間 9:00~17:00 (最終入場は、16:30) ※10/27(土)は20:00まで開館延長(入館は、19:30まで)
会場 ミュゼふくおかカメラ館
観覧料 無料
主催 株式会社アフロ
共催 高岡市、高岡市教育委員会
問合せ先 ミュゼふくおかカメラ館 TEL 0766-64-0550

<関連行事>

●関連イベント 
・青木紘二トークイベント  10月13日(土)14:00~
 会場:ミュゼふくおかカメラ館

・パンプキンナイトミュージアム  1027(土)
 20:00まで夜間延長開館いたします。(入館は19:30まで)

・ミュージアムコンサート―hibiki―  10月28日(日)14:00~
 出演:谷道実子(サックス) 中野悠里(ピアノ)
 曲目:ノクターン(ショパン)、カルメン(ビゼー)、リベルタンゴ(ピアソラ) ほか