2022年(令和4年)7月29日(金)から8月31日(水)の間、リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと が、高岡市美術館で開催されます。

近年あらためて注目される、細密表現の「写実」。明治期の日本美術では、西洋から移入した写実と日本固有の表現が拮抗・共存しました。

本展では、現代にも息づくそうした日本独自の写実の系譜を検証し、見世物興行で人気を博した松本喜三郎らの「生人形いきにんぎょう」などを導入部として、新たなリアルを模索する現代美術のゆくえを探ります。

 ご来場の際は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策に、ご理解・ご協力をお願いします。
  
 チラシPDFは こちら
 
リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと
会期 2022年(令和4年)7月29日(金)~8月31日(水)
休館日 月曜日休館(祝日の場合、翌平日休館) ※8月15日(月)臨時開館
開館時間 9:30~17:00 (最終入場は、16:30) 
会場 高岡市美術館
観覧料 一般 1,000円(800円)、シニア 800円、大学生 700円(560円)、高校生 500円(400円)、中学生以下 無料
(   )内は、団体料金 20名以上、シニアは65歳以上 
身体障がい者、精神障がい者保健福祉・療育の各手帳所持者の方及び付添いの方(1名)半額です。手帳をお持ち下さい。
前売券 一般のみ 800円 ※一般以外の券種の発売はありません。
プレイガイド 高岡市生涯学習センター(ウイング・ウイング3階)、富山大和、画材たんぽぽ
アーツナビ(富山県高岡文化センター、富山県民会館、富山県教育文化会館、新川文化ホール)
高岡市美術館ミュージアムショップ など
出品作家
 
 
【彫刻】松本喜三郎、安永亀八、室江吉兵衛、室江宗智、高村光雲、関 義平、須賀松園(初代)、平櫛田中、佐藤洋二、
     前原冬樹、若宮隆志、小谷元彦、橋本雅也、満田晴穂、中谷ミチコ、本郷真也、上原浩子、七搦綾乃
 【絵画】高橋由一、本田 健、深堀隆介、水野 暁、安藤正子、秋山 泉、牧田 愛、横山奈美
主催 (公財)高岡市民文化振興事業団 高岡市美術館、北日本新聞社
共催
高岡市
後援 富山県、富山県教育委員会、高岡市教育委員会、NHK富山放送局
制作協力
NHKエンタープライズ中部
問合せ先 高岡市美術館 TEL 0766-20-1177 URL https://www.e-tam.info/
【関連イベント】①特別対談「”リアルのゆくえ”の未来」
日時 2022年(令和4年)8月20日(土) 14:00~15:00
会場 高岡市美術館 地階 ビトークホール
講師 土方明司氏(川崎市岡本太郎美術館 館長)、江尻 潔 氏(足利市立美術館 次長) 
コーディネーター 村上 隆(高岡市美術館 館長)
聴講料 聴講無料、事前申込制(応募者多数の場合抽選) 
【関連イベント】②担当学芸員によるトーク
日時 2022年(令和4年)8月27日(土) 14:00~15:00
会場 高岡市美術館 地階 ビトークホール
聴講料 聴講無料、事前申込制(応募者多数の場合抽選) 
【関連イベント申込方法】申込方法は ①、②共通ですが、両方参加希望の場合は、それぞれ申込下さい
申込方法 往復はがきで申し込み下さい。往信の裏面に、希望のイベント名、申込人数(2名まで)、各々の住所、氏名、
電話番号を記入し、返信の表面に申込代表者の郵便番号、住所、氏名を記入の上、下記申込先まで送付下さい。
送付先 高岡市美術館「リアルのゆくえ展」イベント係 (〒933-0056 高岡市中川1丁目1-30)
申込締切 ① 8月2日(火)必着、② 8月9日(火)必着 ※郵便配達日数が以前より1~2日延びています。早めに投函下さい。
【次回展】バンクシーって誰?展 高岡展
会期 2022年(令和4年)9月11日(日)~12月6日(火)
休館日
※月曜日休館(9/19、10/10、12/5は開館)、9/20(火)、10/11(火)