2019年(令和元年)11月3日(日・祝)に、東京五輪・パラリンピックの応援・成功祈願のため、沖縄県の伝統芸能「エイサー」を基にした創作太鼓に取り組む「琉球國祭り太鼓」富山支部、福井支部のメンバー約40名が、射水神社で演舞を奉納しました。

空手の型を取り入れた独自の演舞と力強いバチさばきの太鼓演奏を繰り広げ、代表曲「かぎやで風」などが大勢の参拝者の前で披露された。