2020年(令和2年)7月10日(金)より、あいの風とやま鉄道で、第三セクター鉄道等協議会との連携事業として「鉄印帳」の販売、「鉄印帳」への記帳が開始されます。

「鉄印帳」とは、神社を巡る「御朱印帳」のように各鉄道会社が記帳する印章を巡る鉄道旅企画で、第三セクター鉄道等協議会(全国40社が加盟)との連携事業です。
まず鉄道会社の窓口等で「鉄印帳」を購入し、その後、各鉄道会社の指定窓口で各社のオリジナル印である「鉄印」を記帳して下さい。
「鉄印帳」に記載されている40社すべての「鉄印」を集めると、希望者にはシリアルナンバー入りの「鉄印帳マイスターカード」(別途申込必要/有料)が発行されます。

「鉄印帳」についての詳細は、第三セクター鉄道等協議会発表の資料を参照ください。

あいの風とやま鉄道では、富山駅と高岡駅で「鉄印帳」の販売及び記帳が行われます。

  <「鉄印帳」表紙デザイン>          <あいの風とやま鉄道での鉄印デザイン>

あいの風とやま鉄道での「鉄印帳」の販売及び記帳について
販売開始 2020年(令和2年)7月10日(金)から
受付場所 あいの風とやま鉄道 富山駅 及び 高岡駅
受付時間 5:30~23:00(両駅とも、営業時間内)
記帳デザイン 富山駅、高岡駅とも同一デザイン
販売価格 「鉄印帳」1冊につき 2,200円(税込)
「記帳料」300円 ※書置き印でのお渡しになります。
注意事項 鉄道運行状況、自然災害、新型コロナウイルス感染状況などにより、「鉄印帳」の販売や
記帳が一時休止される場合がありますので、ご注意ください。
【隣県の第三セクター事業者】事業者ごとに、販売箇所、販売時間などの運用が異なります。
  IRいしかわ鉄道 のと鉄道 えちごトキめき鉄道 各社HPをご確認ください。